出展車両HondaRacing

McLaren-Honda MP4-31 #14

FIAフォーミュラ・ワン 世界選手権
McLaren-Honda MP4-31

2016年F1(TM)に参戦した「McLaren-Honda MP4-31」
最先端のハイブリッド技術とコンパクトなレイアウトが特長のパワーユニット「Honda RA616H」を搭載し、マシンの空力特性をさらに高めたデザインを実現しています。

SUPER GT GT500クラスNSX-GT(Epson Nakajima Racing #64)

SUPER GT GT500クラス NSX-GT
(Epson Nakajima Racing #64)

NSXをベースとした2017年SUPER GTシリーズGT500クラス参戦予定マシンです。 高い空力性能とデザイン性を両立したNSXのエクステリアを継承するとともに、2016年に対して25%のダウンフォース削減を図った2017年のGT500車両規則に準拠。パワーユニットには、レース専用に開発した2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンをミッドシップに搭載しています。

FIMロードレース世界選手権MotoGPRC213V(Repsol Honda Team ♯93マルク・マルケス)

FIMロードレース世界選手権MotoGP RC213V
(Repsol Honda Team #93 マルク・マルケス)

2012年のMotoGPクラスエンジン排気量レギュレーションの変更に合わせて作られたRC213V。
2016年シーズンは、ライダーズタイトルとコンストラクターズタイトルの2冠を達成しました。

FIMモトクロス世界選手権CRF450RW(Team Honda Gariboldi Racing #243ティム・ガイザー)

FIMモトクロス世界選手権 CRF450RW
(Team Honda Gariboldi Racing #243 ティム・ガイザー)

2016年モトクロス世界選手権でティム・ガイザー選手が年間チャンピオンを獲得したマシンです。

FIMトライアル世界選手権COTA 4RT(Repsol Honda Team #1 トニー・ボウ)

FIMトライアル世界選手権
COTA 4RT
(Repsol Honda Team #1 トニー・ボウ)

2016年トライアル世界選手権でトニー・ボウ選手が前人未到の10連覇を達成したマシンです。

※実際の展示車両は画像と異なる場合がございます。
ハッシュタグ#ホンダ #autosalonで盛り上がろう!

TOKYO AUTO SALON 2017 Official Site